ホンダ ゼストスパーク

2010年のCM放送で、歌手の浜崎あゆみさんを起用したことで話題になった、ホンダゼストスパーク。
2006年に、刺激的な楽しさで生活を豊かに広げる車として、軽自動車のゼストスパークを販売開始しました。
車の特徴は、メカニズムを限りなく小型化することで、高さ1340mmという広々とした室内空間を実現して、内装部品の素材、加工法、接着剤の見直しによるVOC揮発量の抑制や、排ガス臭や花粉などの除去性能に優れた高性能脱臭フィルターにすることで、快適でクリーンな室内環境を改善して、心地良い空間に仕上げました。
また、ホンダ独自の衝突安全技術である「Gコントロール」に基づき、革新のコンパティビリティ対応ボディにすることで、自己保護性能と相手車両への攻撃性低減の両立をめざし、軽自動車初のサイドカーテンエアバッグが装備や、頭部衝撃保護のインテリアにすることで、車両の安全性能を向上させ、傷害の軽減を図ると共に、運転席・助手席ともに最高の衝突安全性能総合評価である6スターを軽自動車で初めて獲得することで、世間により安全な車であることをアピールできました。
エンジンは、排出ガス中の有害物質である非メタン炭化水素や窒素酸化物、一酸化炭素をそれぞれ大幅に低減することで、国土交通省の「平成17年排出ガス基準75%低減レベル」をクリアすることに成功しました。
エンジンは、i-DSIエンジンとロックアップ機構付電子制御4速オートマチックの組み合わせにより、優れた燃費性能も達成し、CO2の排出量も低減することで、街中での経済的な走りを実現。
安全と経済的な走りを兼ねた、人と自然に優しい車になっています。


結婚